たのしい生活♪2010

京都から発信中。毎日たのしいコト探してるただのヒッピーです。2年ぶりにブログ更新中♪
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 京都宇治にいらしたら・・・<グルメ編>
こんばんは。なんだかご当地検定なんてのが流行っている模様ですね。京都検定を皮切りにそこらじゅうでやっているらしいのですがもう町おこしみたいにやっているご当地もあるらしく良く分からなくなってますね。

まぁ色々ありますが京都のなかでも飛びっきりの「ちょっとグルメ」をご紹介いたしましょう!
今日は宇治からです。
ワタシの宇治の一番はパンです。お茶ではなくてパン。なぜかといってもこれほどうんまいパンは食べたことがないくらいの”うんまさ”なんですよ!
その店の名は「たまき亭」といいます。なんせ販売スペースが2畳くらいの小さい店なんですが全国からお客さんが来るくらいなのでやたら店内はいっぱいで大変です。
tamaki
その「たまき亭」の中でもワタシのオススメは”固焼きバター”!圧倒的にうんまい!フランスパン生地の中にた〜ぷりの極上バターを入れてっ入れてっ染み出てくるくらいにして焼き上げてあります。ワタシはこれにノックアウトです。このパン以上においしいパンを食べたことがないです。フランスパンの質も高い評価をつけます。家でなんどもこの「固焼きバター」を焼いてみましたがうまく出来ません。だから焼きあがり時間に行っては5,6個買います。一回におそらく12個ほどしか焼きあがらないのに5,6個買いますからやや後ろめたいです。
他にもブルーチーズや山椒を使ったおいしくて珍しいパン達がいっぱいです。オススメ。

nakamuraまた宇治茶のお店「中村藤吉本店」からはこの写真の”生茶ゼリィ”です。
ゼリーではなくゼリィですWW。
これもまたそこら辺の抹茶ゼリーと一緒にしていただいては困ります。ぜりーがやたらおいしいです。甘すぎることがなく上品でビターで冷たくてつるつるいけます!アクセントにあんこや白玉が沿えてあるのでそれを焦らしながら頂きます。

なんだか紙面の都合でなんてものがブログにないはずだけどワタシが書くとやたら長くなるので今日はこの辺で!チャオ!

| - | trackbacks(0) | 00:21 | category: 京都 |
# 行ってきました【美術館「えき」KYOTO】ポーラ美術館 印象派コレクション展
昨日、【美術館「えき」KYOTO】ポーラ美術館 印象派コレクション展に行ってきました。

まぁ一応”印象派”だったのであまり興奮はしないかななんて思いながらも足を運んできました。

それにしても美術館「えき」は、良い絵がいっぱいくるのですごい!毎回よくこんなにちゃんとした絵がくるもんだ。だって”ただの駅”にある美術館ですからね。京都市立美術館ならわかるけどね。どちらにしろ来てくれた方がワタシにはかなりウレシイのです。

それでも一歩足を踏み入れればそこはちゃんとした美術館。天井が低いのが前から言ってるけどご愛嬌。そこが”えきっぽい”

ちゃんとルノワールやセザンヌ、ゴーガンを見せていただくのは初めてかな。世間がすごいと言うのが初めて実感。いやワタシ怒られるかも知れませんが「印象派なんて大したこと無いんじゃないの」なんて言ってましたから、脱帽でした。ごめんなさい。ドガのバレリーナの絵なんて最高に上手い!パステルで描いてあったのだけれども「こうなっていたんだ!」って感心しちゃいます。構図も色のつけ方も完璧だった。すごい絵です。

ルドンも一枚あったけどまだまだ往年の作品には遠い印象の絵であれは少し寂しい絵でした。

ちょっと昨日は時間も無く早足でまわってしまったのですがあれは上出来の展覧会ですよ。ぜひお近くの方は行ってみてくださいね。




| - | trackbacks(0) | 13:49 | category: 京都 |
# 【美術館「えき」KYOTO】ポーラ美術館 印象派コレクション展 3月3日(金)〜3月26日(日)
今度の美術館えきは、ポーラ美術館から名画がやってきます。これも楽しみな展覧会になりそうです。実際にモネの「睡蓮」見たこと無いもんね。模写はしたけどなぁ。初めての油彩がモネのモノマネ睡蓮でしたwwそれにしてもルドンの画も来るしものすごく楽しみです。

2002年9月、(財)ポーラ美術振興財団によって箱根仙石原に開館したポーラ美術館は、モネ、ルノワールなどの印象派を中心とした西洋絵画と、黒田清輝ら日本の洋画や日本画、さらにアールヌーヴォーを中心としたガラス工芸、化粧道具、東洋陶磁など約9500点にもおよぶ日本最大級のコレクションを誇ります。
その中でも西洋絵画は、モネ、ルノワールなどの印象派から、セザンヌ、ゴーガン、ゴッホなどポスト印象派、モディリアーニやシャガールなどエコール・ド・パリの画家たちの絵画、ピカソ、マティスらの20世紀絵画に至るまで、体系的に収集されており、美術史を語るうえで重要な時代や作家の作品を網羅しています。
本展はポーラ美術館初の巡回展で、その珠玉のコレクションの中から、特に人気の高い印象派の巨匠たちを中心に、世界に誇る名画、約70点を一堂にご紹介する試みです。本展覧会では、コレクションを代表するルノワールの「レースの帽子の少女」をはじめ、モネの「睡蓮」、セザンヌの「ラム酒の瓶のある静物」、ゴッホの「ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋」、ルドンの「日本風の花瓶」など、世界のトップレベルの名品が京都に会します。美術ファンには、京都でポーラ美術館の名画と出会える絶好の展覧会です。

| - | - | 23:21 | category: 京都 |
# 今年こそ「蹴上インクライン」行くんだ
昨年も書いた気がしないではないけれども「蹴上インクライン」に桜を見に行きたい!ふと今気づくがブログ開始してから結構経つんだなぁと感慨深くなっちゃうね。
蹴上3
そうそう「蹴上インクライン」のお話です。毎年ここには「行きた〜い!」ってなっているのになかなか行けません。休みが取れなかったり取れても雨だったりと。しかも希望としてはなんとしても桜の季節に行きたいのだ。

ここ蹴上インクラインは琵琶湖疎水を建設する明治23年から大変な工事をして開業されました。急な勾配を船は運航できないために蹴上インクラインをつくり汽車の荷台に船を載せて水運を可能にしたという。現役時代を一度は見てみたいものですね。
蹴上2
そんな蹴上インクラインは今は廃線ですがそこを年中徒歩で通ることが出来たくさんの方が散策をされています。ワタシも蹴上の動物園に行っては次の桜の季節には絶対に来よう!と思いながらもなかなか実現できず今年こそは子供を連れ出して遊びに行こうともくろんでます。

とにかく幻想的で気持ち良さそうなんですよね。綺麗なものをたくさん見て回りたいなぁ。なんだか年老いてしまったのかな。でもやっぱり良い物見ると元気が出ます。

| - | - | 20:23 | category: 京都 |
# 集客てこ入れ、改装ラッシュ 四条河原町の百貨店
京都市中心部の四条河原町周辺の百貨店が、大規模な店舗改装で集客てこ入れに乗り出している。京都高島屋(京都市下京区)は、レストラン街や食品売り場を大幅に拡充、藤井大丸と四条河原町阪急も衣料品中心に新ブランド導入に力を入れている。相次ぐ商業集積でにぎわう烏丸通側に対抗し、河原町への客足呼び戻しを狙っている。
 高島屋は7階レストラン街とデパ地下をてこ入れする。レストラン街(950平方メートル、9店)に約20億円を投資し、広さを2倍程度に広げる。和・洋・中それぞれの飲食店を増やし、終業時間を2時間延ばして午後10時にすることも計画。5月に着工し、今秋の営業再開を目指す。
 地下の食品売り場も、今月末から大阪の人気洋菓子店「GOKAN(五感)」を導入し、買い回りしやすい店舗や通路に配置に改装する。このほか、建築家村野藤吾氏が設計した本館1−7階の外壁強化など耐震工事を含め、総額約48億円を投資する。
 同店の2005年の食堂売上高は前年比5%減、食品販売も同1・6%減と低迷。一方、烏丸通側の大丸京都店は04年の食品売り場改装で同1・1%増え、高島屋は総売上高でも2位の大丸に約100億円差まで迫られているため、西野輝雄店長は「地域一番店を確実にする攻めの姿勢で取り組みたい」と話す。
 藤井大丸(同)は昨年3月に続く改装で、衣料・雑貨で7ブランドを新たに導入する。20代男性向けアクセサリー3店、30代の団塊ジュニア家族向け衣料を加え、得意の若者層取り込みを図る。全館改装を進めている四条河原町阪急(同)は昨秋の衣料フロア改装に続き、3月にも残る地下1階、3階の靴、雑貨売り場などを改装する。
 四条通界わいでは近年、大丸による高級ブランド店誘致や「COCON烏丸」などの開業で買い物客が烏丸通側へ流れているといわれており、四条河原町側の巻き返しが注目される。

| - | - | 11:52 | category: 京都 |
# 没後50年 モーリス・ユトリロ展 ■京都高島屋グランドホール(7階)TAKASHIMAYA/KYOTO
■会期:2006年1月7日(土)〜1月29日(日)
酔い、惑い、描き、祈った。日本で最も人気のある画家のひとり、詩情あふれるパリの風景を描いたモーリス・ユトリロ。今年は、ユトリロの没後50年に当たります。本展では、特に評価の高い「白の時代」の作品を中心に、国内外から集められた初期から晩年までの作品80数点を展観。うち約20点は、国内の展覧会に初出展される作品です。新たなユトリロ像をご覧いただけるこの機会に、ぜひご来場ください。(高島屋HPより)
ユトリロの生涯
ユトリロの生涯
J-P. クレスペル, 佐藤 昌

| - | - | 12:44 | category: 京都 |
# "京都"みんなどこで『はんなり』してる?
最近は仕事でストレスも溜まって実に不健全ですしょんぼり
ということでどこか京都でリフレッシュしたい!

みんなどこで「はんなり」してますか?

なかなか教えてもらえないとは思いますがココだけの内緒で教えてもらえませんか〜?「こんな穴場あるよ」「ここならゆっくりできるよ」などちょっとだけ教えてください〜聞き耳を立てる

ちなみに私は、河原町では『龍庵』というお店が好きです。実はこのお店、地下にあるのですがホントに立派で静か。江戸時代創業の茶道具店が経営している茶房です。
ぜんざいや抹茶しるこ、夏期は氷もありとても河原町にいるとは思えない贅沢な時間と癒しをもらえます。
「梅園」や「都路里」のように有名ではないですが観光客もいないしホントにゆっくりできるんですよ!。

他にもどこかお勧めスポットあれば教えていただけませんか〜!誰にも言いません!ひっそり行くだけです、ホント。

『龍庵』
住所 :京都市下京区四条通河原町西入北側
予算 : 700〜800円

| - | - | 16:59 | category: 京都 |
# ひさしぶりの京都河原町散策
先日ひさしぶりに京都のまちを散策してきました。

私はなんといっても出かけるのは"1人"が大好きです。
行きたい店に行きたい時に行けて、休みたいだけ好みの店で休める。また買いたいものを好きなだけ悩んであげく買わなくても誰も文句言わない。自分の時間というものをたまには持つ必要があるのだなぁと再確認いたしました。

ひさしぶりに1人ということもあり市内に行くまでにおいしいものを食べようと途中で"銀閣"というラーメン屋に立ち寄った。が、定休日。残念。
仕方なく"第一旭・本店"に行くことに。"新福采館"より好きですね。近年、おいしいラーメン屋がたくさん出来ていますがこの"銀閣"と"第一旭・本店"にまさる店はないです。山科の"夜鳴きや"も捨てがたいけどやはりこのニ店舗。後で思ったけど河原町まで我慢して"かねよ"のうなぎを食べたら良かった!ガーン。

それはさておき、入洛しましたのが2時30分。仕事を半分で切り上げてきているのでこんな時間。本来なら好みのカフェなどを探すところですが実は本日は目的があります。それはワイフの誕生日なのです。だから今日はプレゼントを買いに来たのです。

なかなか最近は欲しいものも無いようでいつも困っているのですがやっとのことで昨夜「ソーイングボックス」が欲しいとの情報を口から漏らしたのでそれにまつわるグッズを買おうと決めてました。

今日は時間もあまり残っていないので(ワイフは仕事だと思っているため定時に帰らなければなりません。)少し離れたコインパーキングへ車を止め、そそくさと今日のルートへ。

まず"イノブン"へ。ソーイングバスケットありました、一つ。しかし一種類しかなくしかも昨夜ネットで見たものの方が可愛い。よって保留。
次に"阪急百貨店"。ここは上の階に行くと結構雑貨屋さんが入っていて見てても楽しい。しかしお目当てのものは無いのですぐさま後にした。
うーん、困りました。よく考えるとあまり気の利いた雑貨屋さんが京都にはない!
古着屋なんかも最近は観光客目当てのショップが増えて新京極のアーケードなんかでは買えたもんじゃない。寺町もしぶとく老舗が数店残っているがやはりどこにでもある"古着チックな新品"を扱うようになっちゃった。なので御幸町なんかの小さな店を狙うしか最近は無く困っています。

話戻しますね。雑貨屋が少ないので仕方が無く何度か行った事のあるソーイング関係のお店に行くとこに決心いたしました。ちょっとココに書くのをためらいますが、"ボビンロビン"というそれは可愛らしいソーイングショップなのです。ウチのワイフがネットで見つけたのかどこかで聞いてきたのか、連れてってもらったのが始めです。そっとしておいて欲しい良いお店です。

それでお店まで行ったのですがどうやらお昼休みのようでお出かけされていました。なんだか自由でゆったりした時間が流れててうらやましくなるお店です。私もいつかはワイフそんな静かなカフェでも開ければなと考えています。

帰ってきたて店長さんにソーイングバスケットを尋ねると、「ありますよ」と3つ出してもらった。どれも可愛くて他に無い本物のアンティーク。さすがに少し価格は張ります。私も貧相なんで余り手持ちも無いのでソーイングボックス周りの物にすることに。そこで見つけたのが可愛いオリジナルの針山!ゴムがついていて手にはめられるんです。それが便利というお話を聞いてこれにすることにしました。あと布を二枚。可愛く包装してくださって嬉しかったです。あまり高価なものをあげられなくて残念だったけどその夜ワイフもとても喜んでくれて良かったです。

ボビンロビンが少し遠いので携帯の時計はいい時間になってます。帰らなければ。今度はゆっくりまた自分の時間を過ごすことにしよう。

| - | - | 20:47 | category: 京都 |
# 美術館「えき」KYOTO ベオグラード国立美術館所蔵フランス近代絵画展
1844年に誕生したベオグラード国立美術館のコレクションは、そうした苦難の歴史の中にあっても大切に守られ、人々に安らぎと勇気を与え続けてきました。今回、老朽化した美術館建物の改修に伴う一時閉館を機に、日本で公開されることになりました。コレクションの内容は、バルビゾン派から印象派を経て、エコール・ド・パリにいたるフランス近代絵画の流れをほぼ網羅していますが、特にルノワールが身近に接したモデルや子供達を描いた肖像画や、ドガがその抜群のデッサン力を見せる踊り子や湯浴みする女性などは、小品ながら両巨匠の特徴を示す珠玉の作品と言えるでしょう。また、モネ、ピサロ、ロートレック、ゴッホ、ゴーギャン、マティス、ピカソ、ユトリロ、ローランサンなど、日本の美術愛好家にとってもなじみの深い作家による親しみやすい内容となっております。今展では38作家、約100点が展覧されます。

| - | - | 11:57 | category: 京都 |
# 京都はやっぱりいいですね〜 グルメ行きた〜
京都のブログ見つけるとうれしくなっちゃいますね〜。あぁはんなり〜
行きたいなぁ「てら参」や「かねよ」、「銀之塔」なんかいいですね〜。「ぎをん小森」でゆっくりとして夕方からは「祇園サンボア」で飲んでゆっくりしたいなぁ・・・

| - | - | 17:47 | category: 京都 |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links