たのしい生活♪2010

京都から発信中。毎日たのしいコト探してるただのヒッピーです。2年ぶりにブログ更新中♪
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いよいよダイハード4.0公開が近づいてきました。 | main | 今日から”メガテリヤキ”♪だが・・ >>
# コールマン・ヘキサタープMDXの使い心地レビュー!
我が家で初めてのヘキサタープコールマン ヘキサタープMDX(R) 170T8350Rがやってきました♪

コールマン ヘキサタープMDX(R) 170T8350R


ヘキサタープMDXをさっそくデイキャンプで使ってきました!


まず驚いたのは設営のしやすいこと♪しやすいこと♪
結構その日は、風もありましたがなんのことなく1人で設営できる手軽さでした〜。今回は奥さんがメインポールを支えてくれましたが、十分1人で設営可能ですよ。
コールマン・ヘキサタープ

しかも一度建ってしまうと風にめっぽう強い!メインポールは、強い風がときおり吹いてもびくともしませんでした。ブルブル震えるくらいはあるかと思ったけどまったく微動だにしません(笑)


両端にメインポールを立ててその1本ずつに2本ロープで均等の力を掛けて立っているのですが重力に無駄が無いんでしょうね。本当にコレは強い!


ファミリーキャンプが多いから山間部よりは平和な平野部でのキャンプが主なのです。だから意外と晴れているにも関わらず風が強い日も多くて不安だったのですがこのコールマン ヘキサタープMDX(R) 170T8350Rなら絶対に飛ばされることも考えられませんよ〜。本当にビックリしました。



見てのとおりヘキサタープの屋根はフラットでは無いので両端は低くなっています。ですので大きなテーブルを囲んで座るときは屋根の端の方は頭が触れることもあります。どのヘキサタープでも一緒ですけどね。

ワタシはコールマン ヘキサタープMDX(R) 170T8350Rを購入したので標準でサブポールが付属していました。このサブポールでその落ちているヘキサタープの片側を持ち上げて開口部を広げることが出来ます。


今回のキャンプもそのサブポールを試しに使用してみました。最近のドームテントにある前室のような感じで両脇をサブポールで上げて使うのですがこれがまたいい具合でした。

ちょっ高さ的にはサブポールは180cmなので人の身長とさほど変わらないのですが開放感はスゴイですよ!風裏の屋根を上げたので無風状態で開放できてかなり快適♪このサブポール標準装備はマジで嬉しいっ!!使えます!!


今回はそのサブポールの下周辺でコンロを置いて料理をしてメインのスペースになる一番屋根の高い部分で先日格安で購入したLOGOS(ロゴス) ポールテーブル612G 73150151 【アウトドアテーブル】を囲んで食べました。椅子も大きめの物を3脚使用しましたが全く狭さを感じませんでした。




ちなみにこのポールテーブルはesportsで購入しました。アウトドアグッズの限定アウトレット!
を利用して購入したのでほぼ80%OFFゲット♪コレは得したなぁ。一瞬で売り切れてましたから(笑)みんなもチェックしておくと良いこと有りますよ〜
LOGOS(ロゴス) ポールテーブル612G 73150151 【アウトドアテーブル】



ちょっと脱線しましたが。ということでファミリーキャンパーにはこのコールマン ヘキサタープMDX(R) 170T8350Rはちょうどおい大きさで使いがってがとても良かったと報告しておきますね〜。
コールマン ヘキサタープMDX(R) 170T8350R

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:35 | category: アウトドア・キャンプ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kawamura.bbbby.net/trackback/545635
トラックバック
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links