たのしい生活♪2010

京都から発信中。毎日たのしいコト探してるただのヒッピーです。2年ぶりにブログ更新中♪
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 堀文子さんという画家に感動した。
それにしても先日の新日曜美術館は良かった。日本画家で感動したのは初めてかな。堀文子さんという画家の特集でした。”花の画家”と呼ばれているらしいです。年配の方だけど考え方にすごく共感しました。


堀さんは、自分と同じ感性の・・いやもっともっと掘り下げて”自然”を冷静かつ情熱的に見ている方でした。とても嬉しかったなあ。どんなことかというとこれがまた文字にはしにくいけど自然の美しさ、はかなさ、偉大さ・・・(安っぽい言葉でしか綴ることが出来ない自分の駄文に情けなさを覚える。)


それをちゃんと画に出来るところがエライ。プロなんだからと言えばお終いだけど。ワタシにはそれがなかなか出来ない。だから画は難しい。いつも悩むのはここから先がどうしたら良いのか。

ワタシは、別に誰に評価してもらうわけでもないので好きなように描けばいいのだけどそれ自体も難しく最近は感じる。自分の画は、ちゃんと美しく風化してくれない。1年も経過すると「よくもまぁ・・・」なんて感じる恥ずかしいものになっちゃってるのね。まだまだですね。


ものすごく脱線したけど。


下手でもいいのであの湿った土の匂いが分かるくらい”雰囲気のある”絵を描きたい。来年はもう少し画を描こう。のんびり写生に行きたいな。


とりあえず堀さんの画集を探してお正月はコタツで・・・
正月明けには兵庫県立美術館でムンクを観れるので嬉しいな、楽しみだ。


堀文子画文集 命といふもの
堀 文子 小学館 (2007/05/31)売り上げランキング: 9522



花(はな) 画文集
花(はな) 画文集
posted with amazlet on 07.12.27
堀 文子 JTB (1982/10)売り上げランキング: 148585

| comments(0) | trackbacks(0) | 13:35 | category: 美術 |
# 近況
最近ずっと絵を描いています。2週間ほど体調悪くしてましたが昨日くらいから回復傾向です。春も近づいて外で遊びたくなってきました。


やはり絵は面白い。いくつか描けたらアップします。この2日間は下地作りしてました。ドキドキワクワクの何の制約も無い絵画は心の底から楽しいみです。


こんなに楽しいものなのに何か”こうだ”というように自分でいつの間にかそれに近づくようなことをし始めるとまた描くことが嫌になっちゃう。

ああぁなんだか”まとまっちゃう”と思ったらつぶす。あ〜やっちゃったと思いきや良くなったり。思惑通りにいってるわけじゃないので情けないけど面白い。

先日、夕方のニュースanchorでおサルさんがアクリル絵の具で抽象画書いてたなぁ。カンディンスキーみたいなすごい絵。あの無の境地に入ったら大したものだWW



あっそうそう、最近好きになった画家さんで三橋節子という方がいはります。NHKの新日曜美術館でも取り上げられていた。いつも好きになった画家さんは亡くなっていて残念だけど。
あんなに情熱的な絵なのに出来上がってる。うまいなぁ。

その三橋さんの絵が実際見てみたいと思って調べたら実家の近くと判明。常設してあるみたいで嬉しい。しかもその美術館、子供頃からの遊び場で美術館のスグ前で花火をドンパチしてた場所。バチアタリ・・。その頃はもしかしてなかった美術館無かったのかな?いずれにしてもものすごく楽しみです。時間見つけて訊ねよう。もちろん釣具も積んで行こうW

そんなことでブログ不精に入っています。。。楽しくやってます。

| comments(0) | trackbacks(0) | 10:12 | category: 美術 |
# ひさしぶりにシビレた!
と言っても手術した腕が痺れているわけではない。

最近少し心配なこともあって悶々と過ごしている。
贔屓のギャラリーのHPを徘徊していたらとても楽しくなってきた。

しびれるような作品を見るといてもたってもいられなくなってきた。
ちゃんとしたものを作ってみたい!

描くぞ。

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:19 | category: 美術 |
# 有元利夫展 〜佐川美術館〜
今回は滋賀県守山市で有元利夫展があるということで行ってきた。ご夫人の有元容子さんの講演会があるとのことでその日、その時間に合わせて行ってきました。

arimotoお邪魔したのは佐川美術館。綺麗な建物で結構大きい。常設の展示スペースが大きく取られているので企画展は少し狭いかな。”花降る日”は3度目のご対面。好きだなぁこの絵。

到着したのは講演会の整理券が配られる1時間ほど前。少し中を観ようかな〜とブラブラしたけど気になるので整理券配布場所に30分前に行くともうかなりの列が出来ている!

これが今回の目的なのでしくじることは許されない!のでさっそく並んだ。

会場はかなり広くそれでも満員。ワタシは一番前の一番真ん中になった。

有元容子さんの講演会は前回の明石の美術館の時に見損じたので今回はワクワクですわ。内容もとても楽しく良い時間でした。

展覧会は、すこし出品数が少ない気もしたなぁ。

その後、90度横を向くとすぐ琵琶湖♪もちろん釣り!
良い日でした。
やっぱり滋賀県は最高ですわぁ。

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:05 | category: 美術 |
# ど〜なる?盗作画家
和田義彦が今巷で盗作疑惑をかけられているね。ワタシはこの画家初めて知ったんだけどちょっと頭悪いねぇ。なんで「スギ氏と共同制作したものだ」とかバカなこと言っちゃってるんだろう。”模写”ですときっぱりはじめから言っておけば良かったんじゃないの?あほ過ぎるよこの人。あーだこーだと言い訳を方々でしちゃうもんだからウサンクササ満開になってるね。
模写なら犯罪でもなんでもないのになんでオリジナルなんて言っちゃうんだろう。和田氏は「ピカソも盗みの天才と言われてた」とか言ってるけどもっと賢いんだよ。エドゥアール・マネの「草上の昼食」を自分の視点やタッチで描いている。それはみんなが認める完成度だった。だから社会的に認められれば良いってもんでもないけどね。もうちょっと自分のタッチで描いていたら違う良い作品になっていたのかもしれないのにね。だからワタシはこのオッサンはバカだと言うのです。

| comments(0) | trackbacks(2) | 12:44 | category: 美術 |
# これから”どこにも習いに行かないで”油彩を始める方に必須の技術書
学生さんはまだまだ時間もあるし絵画教室にも行くことが出来る。でも社会人は遅くまで仕事、または近くに絵画教室が無い・・など絵画をしたいのに習いに行けないさまざまな障害因子があるだろう。

そんな方にオススメしたいのがこちらの書籍です。”油彩の実践バイブル”
¥2000は結構安くて充実してます。ほかの詳しい技術書って言ったら3,4000円は、当たり前なのが多くてう〜んと悩んじゃう。技術書だから中古はめっぽう汚れていたりして買う気にならない。でも新品で2000円ならやはり安いとワタシは感じました。初心者の方にも分かりやすく説明があるほうだと思う。ちゃんと使えるレベルの油彩の技法が”ざっと”いろんなことが載っていて便利です。
「ここってみんなどう描いているのかなぁ」なんて時にきっと役に立ちますね。
でもどこかにちゃんと習いに行ってらっしゃる方にはもちろん不要ですよ。先生に聞けばいいんです。ワタシなんて2,3年通っていたのですが引越しなどで教室をやめてしまって困っていたのでいろんな書籍を立ち読みしたりして(ビンボーですから)描いているんですよね。それで簡単な油彩の技術書があったからちょうど良いやみたいな感じで購入しました。それが結構使えるんで助かってますね〜

もっと詳しい技術が必要になるくらい描ける様になればまたそこだけつまんだ技術書を購入すればいいのです。この本は初めて油彩を描く方や、一通りの技術を知りたい方、油彩の描き方を聞く人もいないって方にオススメですね。

それと蛇足ですがワタシはカチカチの表紙が嫌いなんです。いつでもどこでも気軽に机無しで読めるそんな本が好きです。だから滅多なことが無い限りカチカチ表紙の本は買いません。この本もまた柔らかい表紙です。これも決め手です。全ページカラーでとても見やすいですよ。

この本は、送料無料です。
油彩の実践バイブル
油彩の実践バイブル
マリリン スコット, Marylin Scott

| - | - | 16:14 | category: 美術 |
# すごく表現の上手い画家です。谷内六郎氏
以前書いたかはわからないけれどもワタシは絵を描いてます。
いつもいろいろ書く題材を考えているのだけれども何年も考えているテーマがあるのです。

それは「子供の頃」これです。
明らかに今の自分とは違う空気のきれいな世界にいました。喜びもありましたが、もちろん悲しいことはこれ以上無いくらい悲しいことと認識してました。
さまざまな感情はいつも心の真ん中で受け止められ真剣でした。
こんな日常の中の記憶を描いてみたい。風景を描いてみたい。

そんな今日NHKの新日曜美術館のアートシーンというコーナーで少しだけ「谷内六郎」という画家の展覧会の紹介がされてました。そこにはワタシの考える「子供の心の記憶」がなんとも巧く表現された絵がたくさんあり感動いたしました。一度本物を見に行きたいな。懐かしく小さな子供が一生懸命に心の整理を自分なりにした世界が広がる画、そんなところを描いてみたい。谷内六郎氏に少しヒントいただけたかも知れないです。

遠い日の歌
遠い日の歌
谷内 六郎

| - | - | 21:10 | category: 美術 |
# ルネマグリット。
ルネ・マグリット
ルネ・マグリット
マルセル パケ, Marcel Paquet
マグリットは、ワタシが初めて興味をもった画家です。 また初めて模写をした画家です。
2年くらいは画集を見てなかったのだけれど先日久しぶりに見て驚いたのです。
やはり上手いと。まぁ絵自体そのものはシュールレアリスムを展開する上で写実性に富んでなくては表現しにくいのかもしれないけれども、そんなことより材料を上手く使っていること。
マグリットが幼少時代に受けた暗いものが心の底から手を伸ばしているような思わず見入ってしまう画なのです。
単なる摩訶不思議な構成だけではないことが解るのです。しっかりしたテーマに基づく画だから筋が通っていてワタシは好きになったのです。

| - | - | 16:51 | category: 美術 |
# なんと有元利夫展やっているんだって!でも明石〜
明石市立文化博物館で現在、有元利夫展やっているそうな。今いろんなブログを見ていたら書いてあったんです。行きたいなぁこないだは彌生画廊だったしますます行けなかったからね〜。なんとか行きたいもんです。でも明石は往復したら電車で4000円近くなるしなー。でもリッツカールトンの偉い人が年収の20%は自分の成長のために使うようにと言っていたから行きたいなぁ。有元さんの絵は間近で見ると本当に味があります。ずっとそこにいたくなる絵なんですよ。お近くのひとは是非行って見てきてね。大人800円だし安いですよ、作品120点だし。行きたいなぁ。
悩ましいぃ・・・

この画集がいつも私が持ち歩いていた書籍です。文庫サイズでポケットに忍ばせてい仕事中も持ってました。トイレで見たり車で見たり喫茶店で見たりたのしいですよ!おすすめのおきらく本ですね。

| - | - | 03:29 | category: 美術 |
# ひさしぶりに描きたくなった!
毎日とにかく忙しいですね!みなさんも同じことだと思います。しかし私は、何度も記載していますように先日オペを受けて1週間でいろいろ遊びました。特にシャガールは良い影響を受けましたね!シャガールの絵を見ていると「こんな線を描いてみたいっっ!」なんて思いました。週末は久しぶりに絵を描こうかなと思っています!今からすごくワクワクしてるんです。いつも絵は無理をしないで描こうと思っているのでこういう気分のときにたくさん描いてますね。すごく楽しいですよね、好きな画家の模写でもいいし、油彩やパステルもすごく楽しい。先日はジェッソをはじめて使ったんですけどすこぶる良い感じになって嬉しかったです^^キャンパス高いしなぁとはじめたジェッソですが私にはこっちが向いているみたいです。ナイフで下地を作ったやつなんてなんだか古びた良いタッチがでて私の好きな有本利夫さん風になったかななんて自己満足です!今年は一年PCに狂ってしまったので来年は描きまくって個展につなげたいですね〜

おしまい

| - | - | 13:56 | category: 美術 |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links